知って得する

助成金・補助金について

これから福祉車両を購入を検討されている方はぜひ読んでください。

福祉車両を購入する場合には車両にかかる消費税が減免となります。(一部対象外)

自動車税等も申請により減免対象になる場合もありますので、ご不明​な点は、社会福祉事務所や、当店までお気軽にお問合せください。

自動車の税金・助成金について

よくあるご質問

(助成金)自動車運転技能取得費の貸付


正業又は、就職する為に必要な自動車の運転免許を取得する場合、
必要な経費を貸付及び助成する
福祉事務所(割引証は福祉事務所で発行していただけます。)




(助成金)生活福祉資金貸付 車両の購入など


車両購入資金貸付に付きましては、下記が助成金対象になります。 正業又は、通勤時に必要な自動車を購入する時の資金が対象となります。
詳しくは福祉事務所にお問合せください。




有料道路(高速道路)の通行料金の割引


事前登録が必要となります。 下肢又は、体幹不自由者が足代わりとして自ら運転、
もしくは重度の身体障がい者を乗せて介護者が運転する場合、
当該身体障がい者又は、これと生計を一にする車が対象 (レンタカー使用時は割引対象外となります)
登録場所:福祉事務所(自治体により異なります)




駐車禁止規制の適用除外


事前申請が必用となります。 身体障がい者の利用する自動車に対し駐車禁止規制除外標章を交付していただき、駐車をする際に標章を外から見える位置に置いていただくと駐車認めることができます。 ※公安委員会による駐車禁止規制が行われている道路の部分以外では、標章を掲出しても駐車することができません。
お問合せ先:各警察署 当店でも詳しくご説明いたしますのでお気軽にお問い合わせください




(税金)購入時消費税について


福祉車両として販売されている車両で車いすスロープ、車いす固定装置がついた車両、リフトアップシート取り付け車が非課税対象となります。 回転シートのみで車いすの収納装置が装着されていない場合には消費税の減免にはなりません。




(税金)自動車税について


毎年の自動車税については、事業用や一部の地域を除き車検証に身体障害者輸送車や車いす移動車などの記載がある8ナンバー車は免税対象です。そのほかにも障がい者の方自身が運転する場合や、名義が障がい者の方本人で、その送迎としてご家族などが運転する場合は申請により自動車税が減免となります。社会福祉事業者の方も事業内容によって免税や減免対象になります。





彼女のスマートフォン上の女性

CONTACT US

お気軽にお問合せください。

お問合せ
arrow&v

送信ありがとうございました。確認後担当者よりご連絡させていただいます。